Spring BootでREST APIを0から学ぼう!(DELETEでデータを削除する)

spring boot
Spring restful サービスを、実際にプロジェクトを作成するところから記録していきます。 細かく記録してますので、新たにspring restfulを学ぼうとしている方には、きっと参考になると思います。 ところどころでエラーがでた場合も、それも含めて記録してあります。 新たにspring restfulを学ぼうとしている方の役に立てられたら幸いです。

 

できることが増えてくるといろいろと学んでいきたいわ

データを取得したり、登録する方法がわかったから

次は削除する方法もできるようになりたいわ

今回はデータを削除する方法を学んでいきますね

できることが増えるというのは、嬉しいことです。

一つづつできることを積み上げていきましょうね

 

開発環境は以下のようになっています。
OS: Mac
IDE: STS→ダウンロード先はこちら
Java: java8
spring boot: 2.1.3.RELEASE

データを削除する方法に関して解説

前回からの記事の続きとなりますので、復習も兼ねて確認しておいてくださいね

 

まずは「UserDaoService」に下記を追加します。

解説するとusersをイテレータを使って順番にアクセスして、deleteByIdの引数であるidに該当するデータを削除するメソッドになります。

 

ちなみにusersは下記のような3つのデータをもっていましたね

 

UserDaoServiceクラスの全体のコードは前回までの分を含めて、下記のようになります。

 

次に「UserResource」クラスに下記を追加します。

解説すると、DELETEリクエストで「/users/{id}」にアクセスすると、パラメータのidの値に該当するuserのデータを削除し、

該当するuserがない場合は前回設定した「UseNotFounException」が呼ばれるようになっています。

 

「UserResource」クラスの全体のコードを、前回までのものを含めて載せておきます。

では実際にサーバーを起動して試してみましょう。

まずは、GETリクエストですべてのデータを取得してみます。

 

3つのデータが取得できるのが確認できますね

ではいよいよDELETEリクエストを送信してみます。

「http://localhost:8080/users/1」のようにidパラメータ部分に「1」を設定して送信します。

Statusが200 OKになるのを確認します。

エラーが返ってきた場合は、再度コードの見直しをしてみてくださいね

 

再度GETリクエストで、すべてのデータを取得してみます。

id=1のデータが削除されているのが確認できます。

最後に該当するデータが存在しないケースです。

ちゃんとエラーが返ってくるのかを確認してみます。

id=100を設定して送信してみます。

ちゃんとエラーが返ってくるのが確認できますね

今回は以上になります。

今回までで、データの取得、登録、削除の方法をマスターできたかと思います。

次回は、バリデーションに関してです。

さらにREST APIに関して深堀りしていきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました