リアップの副作用について|髪に自信が甦る

薄毛を治す手段

手鏡を持つ男性

二つの違い

増毛と植毛は似ているようでいてまったく違います。増毛とはまだ残っている髪の毛に、人工の髪の毛を結合して増やす方法です。髪の毛一本に対して、二本や三本の髪の毛を特殊な接着剤を使って結合していきます。また、もともとまとまった人工の髪の毛がついてあるシートを取り付ける方法もあります。増毛をすれば、その場ですぐに薄毛が治り、自然な仕上がりになります。料金は一本あたり約30円が相場です。1000本や2000本などまとまった単位でつけると、一本あたりの単価が安くなります。大手増毛サロンなら1000本1万円くらいでできるので、かなりお得です。ただし、増毛をする場合、最初の料金ではなく、長期的なコストを考えることが大切です。というのも増毛をするとメンテナンスが必要不可欠だからです。メンテナンスを含めて、1年でいくらかかるか考えてサロンを選ぶのが賢い選択です。自毛植毛は植毛クリニックなどの専門クリニックで受けられる手術です。FUT法やFUE法などの手術方法があり、いずれの手術でも自分の頭皮から髪の毛を採取します。採取した髪の毛はドナーと呼ばれ、良質で健康なドナーを頭皮に移植していきます。移植するのは、男性ホルモンの影響を受けにくいドナーです。そのため、生着すれば一生薄毛になりにくい髪の毛が手に入ります。自毛植毛手術の費用は前頭部なら約80万円、頭頂部なら100万円以上です。増毛よりも高いですが、メンテナンスがいらないのがメリットです。