リアップの副作用について|髪に自信が甦る

ドクター

治療を受けるメリット

男女問わず薄毛をコンプレックスだと感じている人が多く見られます。薄毛治療は、専門のクリニックだけでなく皮膚科でも行っている場合があるため確認してみましょう。男性ホルモンの分泌やストレスなど原因はさまざまですが、一人ひとりに合った治療方法を行うことが大切です。

効果があるから

男性

頭以外にも出ることがある

リアップは頭皮の血管を拡張することで血行を良くし、髪の毛の元となる毛乳頭細胞に栄養や酸素を送り届けることで発毛を促す効果が期待できるものです。日本で唯一認可されている、第一類医薬品の育毛剤としてもリアップはよく知られていますが、リアップは効果がある反面副作用が起こる可能性があります。リアップの副作用として報告されているものには血圧やめまい、頭痛が上げられます。リアップに含まれている有効成分であるミノキシジルは、もともとは血圧を下げることを目的にして血管を拡張するために開発された薬です。血管が拡張して血液の流れが良くなれば、血圧にも影響を与えてしまいますし、リアップを付けた頭部に何らかの副作用が出ることはわかります。そしてリアップを付けた頭皮にほてりが出ることもありますが、これも血管拡張作用が影響していると考えられます。この副作用は、リアップの使用をやめることで改善していきます。そしてもう一つの気になる副作用としては、初期脱毛があります。これはリアップを使い始めると今まであった髪の毛が抜けてしまって、一時的に症状が悪化してしまったように感じてしまうというものです。しかし初期脱毛があると、その後にしっかりとした髪の毛が生えてくるという声も多いです。初期脱毛は髪の毛が抜けてしまってもそれは一時的なものですので、あまり悩み過ぎないようにすることが大切です。副作用が心配だという人も多いですが、全ての人にこれらの副作用が現れるわけではないという点も覚えておいてください。

櫛

副作用に注意が必要

ザガーロは今までの治療薬よりもAGAの症状を改善する効果が高いといわれていますが、効果が高ければ副作用が起こる可能性があります。その副作用は今までの治療薬と同様のものであり、ザガーロはそれらの治療薬よりも副作用が起こる可能性は低いといわれています。

手鏡を持つ男性

薄毛を治す手段

薄毛はサロンで治す方法と、クリニックで治す方法があります。サロンの場合は増毛が人気です。クリニックでは自毛植毛が受けられます。自毛植毛は自分の良質なドナーを使う植毛なので、一生薄毛と無縁の頭皮になります。